読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイコホリック

蚕の皆様との愛の日々

かいころく36

f:id:kaikoholic:20150121000839j:plain

前にも書きましたが、カイコさんは糸を吐くようになると高い方へ登る性質になってしまうため飼育箱の壁を登ることがあります。今までのカイコさんならこの程度の高低差でも絶対に登る事はないのですが…。写真のように箱のふちまで来ると外側に敢えて降りる事も無いのですが、丁度カイコさんが移れるような距離に物があったりするとそちらに移ってしまう場合があります。

過去には部屋の壁をカイコさんが這って登っていらしたことがありました。5齢までのカイコさんは本当にそういったことが一切無いので、突然のアクティブに驚きを隠せません(笑)。

箱のふちに上ったカイコさんですが、大抵は箱の角まで歩いたところで「この角っこは繭を作れるかも!」と糸を吐くついでに箱の中に戻ってゆかれます。

 

f:id:kaikoholic:20150121001136j:plain

蔟、第2弾。

今までの蔟の箱の横にスペースをとっておいたのは、これを作りたかったからなのです。様子を見て蔟を作り足そうと思ってあけておいたのですが、今までの井形に組んだ蔟ではどうも落ち着いてくださらないご様子だったので、簡易的な、厚紙を山形に折っただけの蔟を新設しました。井形を嫌う子は、こういう簡易的な蔟のほうがすんなり入ってくださる場合があります。トイレットペーパーやラップの芯を輪切りにしただけのものだとか、いろいろな蔟を作ることが出来ます。要はカイコさん好みの隙間を作り出せれば良いのです。

 

f:id:kaikoholic:20150121001553j:plain

残りのカイコさん。20頭程度になったので、また一つの飼育箱に戻しました。